2013年08月26日

お伊勢参り

これが三回目の参拝、二回目の参拝が小学校の修学旅行以来で約30年ぶりでした、その時の参拝の記憶はほとんど無くぼんやりとしたイメージしか浮かんでこないぐらい久しぶりでした。
泊まった所は早朝参拝の案内があったので申込しました。その時の写真
あいにくの雨の中の参拝でした。
8200614.jpg

こちらが本殿の手前、写真撮影出来るのはここまで、
8200616.jpg
今年は色々話題になっている式年遷宮の年、なぜ20年ごとに新しく正殿を建て替えするのか?と疑問でしたが、案内の職員さんが技術の伝承のためだと解説されて納得、でも木の成長のスピードより20年ごとの建て替えのスピードの方が早い、、この先ちょっと心配、、、
参拝が終わる頃には雨も小降りになってましたしっとりとした雨の中も悪くはない。お世話になった宿の料理もかなりおいしく、お義母さんが「ご飯がおいしい」と言ってたのも印象に残ってます、

この参拝は日本という国を意識する様になったからでもあります。
来年も参拝したいですね。






posted by tambarin at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バースプーン ma-no

cafe ma-noさんのオーダーでお作りしたものです
アイスコーヒーのための物です、はじめに見せてもらったのが鉄製のマドラー
P8200597.jpg
持ってみるとそれなりの重さを感じるのでグラスの中で混ぜるのはちょっと不安、遠慮なく混ぜる気にはならない。長さは指定、匙の形を提案したり(家の有った小振りのスプーンの形を参考にする)
後匙の角度が気になったので話し合ったほかは自由にさせて頂きました完成したのはこちら、
P8200598.jpg
バースプーンというのはピンとこないかもしれません、パフェ用のスプーンを想像してもらうのが解りやすいでしょう。マドラーにもなるし、
瓶の中の物をすくったり出来る、
長くて匙が小さなかわいいスプーンです。
アイスコーヒーもセットして撮影してみました
お客様目線(カウンター外から)
P8200612.jpg

お店側目線(カウンター中から)
P8200618.jpg
私のwebshopでも準備ができ次第販売いたします。

バリスタ視点でのバースプーンのオーダーの経緯はCafe-ma-no facebookの方でご覧下さい
posted by tambarin at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 木工 木の小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

2013年 蔵びらき

今年も蔵開き参加いたします

小物の販売とスプーン作りのワークショップとなります
このスプーンを作ります
P7080466.JPG

P7080461.JPG

少し前オーダーで作ったもの匙の形が角張っていてカップのアイスやヨーグルトを食べるとき底や側面がきれいにすくえるので家庭向きともいえます、
参加費  2500円  小学生以下は保護者同伴
時間   11:30〜13:00  14:00〜15:30
ワークショップの締めくくりには作ったスプーンで芦屋プリンを頂きます
プリン代金込みの参加費なのでご安心下さい
お申し込みは 079-556-3444(sasarai)

2013_kurabiraki.jpg
2013_kurabiraki1.jpg
posted by tambarin at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

赤いバラ モノクロで

写真ネタ(アナログ)
光の加減でちょっとずつ違った表情を見せる
モノクロの表現の面白さを感じて頂ければ幸いです、
(画像を二回クリックすると大きく見ることができます)

まずは一番ノーマルに写ってるもの
16.jpg

17.jpg

このしっとり感!好きです
19.jpg

さっきのしっとり感とは逆のドライな印象
この雰囲気をみて 昔のハリウッドスターのブロマイドをイメージして
しまう、、妙な感じ
24.jpg

25.jpg




posted by tambarin at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

芽が出た

挿し木していた枝からようやく芽が出てくるまずは一安心。

自分の仕事もなんとか十年以上やってきてます、
芽が出てなんとか育ってこれたって事でしょう、
でもまだまだ先は長い、、このペースで進んでいきます。

お知らせ バターケース(カルピスバター用) 補充いたしました。
P7180474.jpg
posted by tambarin at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

笹の葉さ〜らさら

七夕から二日経ちましたね日曜はち◯まるこ、さざえ◯ん共に七夕ネタ、
見終わったあと早速短冊作って願い事かいてました

読み順は中、向かって左、右
P7080471.jpg
父ちゃんがんばります。
posted by tambarin at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

今年はどうかな?

P6030375.jpg
キウイです、花びらが落ちてしまった物これがもう少し経つとこうなるP6030381.jpg
これがどんどん大きくなってキウイの実になる。
今年はまずまず実りそう、今までは結構収穫が有ったのに二年前収穫ががたんと減った、春花が咲いて色んな虫たちに花粉をはこんでもらって受粉
それが実になる、あの事故が起きたのが二年前の3月その影響が有るのか無いのか、、、
事故とキウイの収穫減の因果関係そんな物が自分に分かる訳も無い、
気が付く事と言えば花から花へせっせと花粉を集めていたミツバチがあまり見かけなくなった事
まあ今年は収穫がそれなりに有りそうなので良しとします。
posted by tambarin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

ルーツ

私が作っているカトラリーは北欧家具のデザインに影響受けていると以前書いた事があります、でも作ってきた物を見つめ直してみると別のルーツが有る様にも思ったりする事があります、
(実際エッジのきいたデザインの北欧家具というのはあまり無いように思う)
そのルーツというのが鑿、
大工道具の話が好きでそう言った本を良く読んでて、その本の載せてあった鉋や鑿の写真をよくみてました、そのイメージが頭の中に有ったんでしょう。そして何かを作ろうとした時おぼろげながらそのイメージが浮かんできて結びつくそうしてできたのではないかと考えてます

こちらが名工といわれた鍛冶屋の鑿
P6090410.jpg
P6090411.jpg

こうして見るとエッジの取り方はこちらに影響されてると見る方が自然
P6090429.jpg

posted by tambarin at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 木工にかかわるあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

終わりました

「一生つきあえる木の家具と器」展終了しました、今月は「座っ展2013」というイベントにも参加していたのでまずはそちらの感想から、
今年も去年同様、受付当番があって来場されてる方々にアンケートを渡したりしながら様子を拝見していました。
反応が良いのは第一印象が大きい、ロッキングチェアといった特別感の有る椅子、あと黒くおちついた印象のウェインザーチェアは年配の方に人気のあったり、ソファーも人気でしたね。自分が使っている様子がイメージしやすいというのがポイントなのかな、、と思いました。

こういう結果を見ていると自分がこだわっているデザインという所を選んでいる人は少数派、そう言う所にこだわって作るがゆえに手間がかかって値段も上がる、食卓用の椅子に作り手のエゴと言って良い様なデザインのこだわりは必要ないのかなと思いました
(パッと見のかっこよさや座りよさは必要だけど細部までのこだわりよりも早く作って価格を抑える事が重要)
こだわっていい椅子(ロッキングチェアなど特別な椅子)
こだわらない方が良い椅子(食卓用の椅子)と分けて考えてみようと思っています。

最後に「座っ展2013」のスナップを載せておきます
ソファーは藤井 祐輔さんの物、ファイルホルダーは年輪の里の備品 
夕暮れ時の良い斜光が入ってきたので思わず10枚程撮っちゃいました
31.jpg
posted by tambarin at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

「一生つきあえる木の家具と器展」

一生つきあえる木の家具と器展」が17日神戸の酒心館で始まります、
これは「一生つきあえる木の家具と器」西川栄明著で紹介された木工作家が集まっての企画展。木工と言っても伝統工芸の世界からクラフトやおもちゃなど作り出すものは様々でそう言った作り手が一つに集まって展示会をするという機会もあまりありません、
(普段は伝統工芸は伝統工芸展、クラフトはクラフトフェアなど同じジャンルでの展示)なかなか面白い展示会になるのではないかと思ってます

チラシ掲載しておきます、私の顔写真も掲載されてますが3年前の写真
いまは一分(3mm)刈りの坊主頭で、19.21.26日在廊予定です
チラシ表.jpg
チラシ裏.jpg


posted by tambarin at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする