2010年05月04日

僕がハッセルを買った訳

「僕がハッセルを買った訳」どこかで聞いたような言い回し、、
思い出せないので本題に行きます

前に実物をみてあのファインダーをのぞいてから,ネットで情報収集の毎日で、、、
ついにやってしまった訳です、まああれが一番のきっかけだったんですが
もう一つ思う事があって、、、
パソコン、デジカメを使う様になって、もう切り離せないものになっているんだけど
モニターの画面上だけで見えるもの、って何だろ、、、、、
HDの小さい箱にものすごい沢山のデータを収納できて便利になったけど
実態があるのかないのかよくわからない、
HDがクラッシュしたら一瞬で今までの大事な記録がなくなってしまう
そんな事をおもうようになったのも、もう一つの要因でもあります

HASSELBLAD 500C/MブラックとPlanar C80mm
P5020948.jpg

P5020953.jpg
昔は何十万もするカメラが今、中級クラスのデジイチぐらいの価格(某オークション)
子供の成長は待ってくれないので、ちょっと頑張りました

大事な瞬間はしっかりとした形で残しておきたい
P5020949.jpg


posted by tambarin at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

好きな写真

私が好きな写真です、イコール良い写真と言うものでもなく
モニターで見てみてハッとした写真、写りの良い写真、自己満足の写真
レンズがよかったので撮れた写真、そんな写真です

P9137316.jpg

P9177395.jpg

posted by tambarin at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

降臨

舞台上のスポットライトのようなくっきりした光ではない、
思い浮かぶのは、宗教画
天に向かって祈りを捧げているときの
降り注ぐ様な、包み込むような光

PA290317.jpg
posted by tambarin at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

いつかは

であってしまった、見てしまった、
「いつかはハッセル」なんて事を書いていましたが、
それがこれほど早くに出会う事になるとは思いもしなかったんです、
ハッセルが吐き出す絵がすごい、あの独特の色合いそんな物にひかれてました。
けどオリンパスを使いだし、撮った写真に満足していて。
オリンパスで十分、ハッセルの事気にしなくなっていました。
縁があればいつか出会えると思っていたんです、
「知らなければ済んでいた、でも知ってしまったんです、目に毒でした」
と言う程強烈な物でした。

ここ最近、丹波のクラフトフェア,そして私の三ノ宮での展示会、
さらには.17.18日とあった香川でのフィールドミュージアム SA・NU・KI
でのフェアとありましたが、まずはカメラのお話です
PA180051.jpg
こんな風にカメラを持ち歩いている姿をみて、
あのカメラはもしやハッセル!?で声をかけてお話しする事に、
カメラを撮らせて頂きました
PA180041.jpg
ハッセルブラッド スウェーデンのカメラ
なにがすごいのかって言うと、ファインダーをのぞいたとき
スクリーンに映し出される「絵、じゃなくて映像です、立体的に見える!!
分かりやすく言うと、前に流行った「マジカルアイ」と言うもの
絵を眺めていると次第にあるものが浮かび上がって見える物があります、
それは見方に少しコツ必要な物ですが、
こちらは、何のコツもなく立体的にその絵が見えるんです。

ファインダーの中も撮影させて頂きました
PA180045.jpg
実際はこんなもんじゃない、これだけは実物を見ないと体験できない
スクリーンを眺めているだけでも楽しい、なぜこの小さな箱の中に
こんなリアルな世界があるのか、それも何十年も前に作られてた
思いっきりアナログなカメラの中に!!そこが不思議です。
出展してた友達もみんな同じ事いってました。

持ち主の彼、とにかくこのカメラを普及させるべくある活動をしてるんです、
簡単にいえば、私みたいに食いついて来た人に撮影させる
で、思いっきり乗っからせて頂きました、
最初はなんか遠慮がちに、展示物を3枚程撮影、
「ちょっとお借りしてる物だし、遠慮してしまいました。でも子供を撮りだしたら
バシバシバシ〜って言ってしまいそう。」なんて事冗談まじりに言ってみたら、
「遠慮せずガンガンいってください!!」との事、
「えっいいの!?(嬉)」ではお言葉に甘えて(笑)

子供たちが遊んでいる屋外での撮影なんで、
シャッターを切るだけで良いように彼に合わせてもらう。
(デジカメなら撮った絵がすぐ確認できてを修正できるけど
フィルムはそれが出来ない、経験や機械を使って見極めないとだめなんです)
ファインダーから見える絵はすごいし、光もすごいいい感じで
勢いに乗ってどんどんシャッターを切ってしまう。
   
    楽しい!!!

撮影した写真を送って下さる至れり尽くせりのサービス付き
「忘れた頃に届けます」と言ってた彼でしたが、これは忘れそうにはない。

「いつかはハッセル」私にはまだその資格はありません(金銭的に)
でも、自分のため、家族のため、作った物で人に喜んで頂くため、
そしてもう一つ新しい目標ができました、
そのためにもこの仕事 精進いたします



posted by tambarin at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

水(きらっきら、キラリ!!)

ちょと引っ張って来た水(雫)シリーズこれが最後

一眼の魅力の一つにボケがあります、
背景をぼかす事によって主役を引き立たせる、
背景がごちゃごちゃしててもぼかす事でそれをすっきり出来る
(これも一種の引き算かも)
例えば、その背景がとろとろに溶けてしまって
奇麗な背景紙になった事もありました(2009-07-04の2番目の写真)
ある時は水彩画のようだったり、油彩だったりする
コンデジ(コンパクトデジカメ)を使ってた頃には全く考えられなかったです

それと光源ボケ、撮る時に気をつけていた光と言う物が
奇麗な光の玉となって現れる、初めて撮れた時が感動ものでした

前置きが長くなりました写真の方を (出来れば画像クリックで大きい画像をご覧ください)
  きらっきら
P9107314.jpg

そして
  キラリ
P9107269.jpg
どちらも甲乙つけがたいお気に入りです
posted by tambarin at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

水(中の世界)

雫の中に映し出される世界、
朝日が昇りかけている、微かな空のグラデーション

P9107193.jpg

ただそれだけです
posted by tambarin at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

水(きらきら)

雫 キラキラ編1です

まず手始めに朝露の雫たち
P9107177.JPG

そして朝もやの中
P9107273.jpg

かなり早起きして撮りました、
朝は苦手でいつもは二度寝とかしてぐずぐずしてるのですが、
ちょっと目が覚めた時、朝日の良い光が射し込んで来てるのに気付いて
ぱっと体を起こしたんです、珍しい
かなりひんやりしていた朝、いい目覚めでした
posted by tambarin at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

なにを眺めてる?

下界を見下ろす妖精、仙人それとも賢者?
P9016996.JPG
そんな事、想像してしまいました
posted by tambarin at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

撮ってみたかったもの、水(雫)です
きらきら感や、雫のなかにもう一つの世界が見えたりする
覗き込んで(拡大して)みてみると新たな発見がある
それがマクロ写真の魅力です
自分でも撮って見たいと思ってました

P8116363.JPG
これからさらに寄ってみる

P8116370.JPG

P8116383.JPG
終わりかけの線香花火のようなきらめき
あとは雫に光が射し込んだきらきらみてみたいです
posted by tambarin at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

ちいさな

小さな花が好きなように、蝶も小さいものにまず目がいきます
それにいつも身近にいると言う事もあります
シジミと言う蝶の種類、15mm程の大きさです

小さな物を拡大してみると、肉眼では見えなかったものが見えてくる
そんな所がおもしろい、触覚の黒と白の模様、かわいらしい
P8266894.jpg

P8266903.jpg
大きな目玉、それに立ち姿なんか見てると、
どうしても擬人化して見えてくる、楽しいです
posted by tambarin at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

虫をとる

虫を捕る、じゃなくて撮るです
写真を撮りに遠出と言うのはあまりなく、
家の周りでちょろちょろ〜と言うのがほとんど
それで風景を撮っていたらあっという間にネタ切れになってしまうけど
小さな物を撮っているとそれなりにネタがあるんです、

撮ったのは羽の黒いトンボ、普通トンボはすぅーっと飛んでますが、
このトンボは羽をぱたぱたさせて飛ぶトンボです

P8246708.jpg
もう少し絞れば木漏れ日のボケがくっきりキラキラになったんですけどね
少々ネタ切れ気味なので、このシリーズで繋いでいきます
posted by tambarin at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする