2008年04月16日

マイナスする

「余分な肉を落としてすっきりさせる」以前話してました
その前後の様子をお見せします

CIMG3699.jpg
試作の時の物なので、相当大まかに木取りしてますね
実際はもう少し効率よく木取りします

それがこのように
CIMG3790.jpg
スリムに見えていても。
あれだけの部材から荒取りして削りだしていくのです
でも最近、少々余分な肉がついていてもいいのかな、、、
と思ったりする、

こんな事を書いていると、
以前読んだ松久朋琳氏(仏師)の話を思い出します
「私らは、木の中に入っている仏さんを彫りだすだけで
いらん所をパッとはろうてしもうたら、
仏は自然にあらわれるのや」

しびれてしまいました。

この言葉にであったのは、木工をする前ふらふらしてて色々考えていた頃です
またこの本じっくり読み返してみたくなった
いや、読みます。
posted by tambarin at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 木工にかかわるあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93522835
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック