2012年09月24日

ダイニングチェア 3

完成して座ってみる、「うん、良し!」でもやはり使ってみないと
本当の使い心地は分からないので自宅で使ってみると
どうもしっくりこない、原因はうすうすわかっているつもりだったのが、
友人宅の椅子を座ってみてはっきり分かった

それがYチェア(リプロダクト)です、
笠木が曲げ木でなくジョイントで作られている他は違いが無いように思います、ここはYチェアと同じと考えて話を進めていきます。
久しぶりに座ったYチェア(リプロダクトだけど)昔とは印象が変わって感じました、自分の見方が少し広くなったと言うのも有ると思う。
Yチェアはダイニングチェアに向かないという木工家もいらっしゃって、自分もそう思ってました(座面が傾きすぎている)
感じたのは食後の団らん向きの椅子だということです、
背筋をのばして姿勢よく食事するよりは、少し姿勢を崩した座り方(背もたれにもたれる)のほうが楽、自然とそうなる椅子です。
友人も子供たちが食事の時背もたれにもたれて座ってしまう、そして少し高い肘掛けに肘をおくのでさらに姿勢が悪くなるとぼやいてました。
今お話しした様に以前はダイニングチェアとして否定的に考えてましたが
今は食後長く椅子に座っている人にとっては向いているダイニングチェアなのかなと思いました。

で、私の椅子との比較は
姿勢よく座った時はフィットするけど少し崩して座ると背もたれのフィット感がガクンと落ちるスイートスポットの狭い椅子です、
もう少しスイートスポットを広げないといけない。


posted by tambarin at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 木工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。