2012年02月29日

一生つきあえる木の家具と器

と言う本に掲載して頂いてます、
http://www.seibundo-shinkosha.net/products/detail.php?product_id=3310

 大人組 Kansaiの木人探訪と言う連載記事の
関西在住の木工家に絞ってまとめてあります。
私も含めあまり取り上げられていない作家さんたちを発掘して下さる
本当に感謝しております。
取材して頂いたのが2009年8月 2年と6ヶ月前、
少々長かった髪の毛も今はバッサリ切って坊主頭、
家具と小物平行して作っていたのが、今は小物がかなりのウェートを占めている事など。
色んな事が変化しているなあ〜と
二年前の自分を姿を見てそんな事思ってしまいました。


posted by tambarin at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。