2011年09月12日

カトラリーオーダー(縞黒檀)

まず画像貼付けておきます
P9126878.jpg
メールでのお問い合わせがはじまりです
内容を要約すると木のスプーン、フォークを探していらして。
国内をはじめ、海外のサイトまで探していらっしゃった。
丸っこいものより直線的なシャープな物がお好みで私のカトラリーが目にとまる。あと角度感(エッジの効いたデザインのことかな)もお気に入りとの事でした。

右から2番目のスプーンはプリンスプーン(デザートスプーン)
http://tanbananba.seesaa.net/article/215213316.html
を改良したもの、こちらで複数サンプルを作って
その画像をメールで送り,選んで頂きました
(お気に入りのスプーンがある場合は
形を書き写してファックスして下されば,ほぼ同じ形で作れます。)
樹種の選択から始まり,ラウンドスプーン,デザートスプーンなど作っていたのでそれらを提案したりしました。

いつも使っている木と違ったのは、黒檀はオイル仕上げしても効果が薄い、ここで書いているような変化があまり無いので(艶が出ない)
http://tanbananba.seesaa.net/article/38112217.html
普段は300番ぐらいのペーパーがけで止めてますが
800番までペーパーがけして素材を磨き上げて艶を出す
そんな手間をかけてます

約3ヶ月 三十数通のメールのやり取りでお届けとなりましたが、
最後アクシデントが起きました
今まで金属のカトラリーをお使いだったので
「手に取って見ると柄の部分の厚みが気になる」
と言う事で柄の厚みの手直しをしてお納めすることができました。
最後にお使いになった感想を頂いているので掲載しておきます

「試しに小スプーンを使用しました。
口との一体感が、今までのスプーンとは明らかに違いました。
口に入れる部分の厚みが絶妙で、料理を濃く感じられました。
柄の部分のデザインも想像以上で、角角した感じが、素晴らしくかっこ良いです。これから大活躍させて頂きますね☆」




posted by tambarin at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 木工 木の小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック