2011年02月26日

はざま

モダンリビンク 3月号 掲載されました
「学生が選ぶ60の木のこもの WOODWORKS60」
と言う企画に取り上げて頂いています
そこで「手づくりとプロダクトの間に有るようなデザイン」
と紹介されているのを見て同じような事をいっていたのを思い出しました。

クラフトフェア応募のコメントです、
確かこのような事をかいたと思います(記憶はおぼろげです、、)
「フェアに参加して違和感がでてきた、
私の作っている物はクラフトと言うより、プロダクトに近いクラフトだと思います。
そんな物があってもいいのではないでしょうか?」
その時は見事に選考落ちしました。
コメントが原因と言うよりは、実力がなかったのでしょうね。
posted by tambarin at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 木工 木の小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック