2009年04月03日

視点

3/17日ロッキングチェアご紹介しました
あの写真けっこう苦労したんです、撮っていてもなかなか気持ちが乗ってこない
画面を見ながら撮るんですが、なにかしっくりこない
「う〜ん、な〜んかな〜」って思いながら、間を変えてみたりするけど
なかなか決まらない、自分の中にある黄金比にしっかりはまらない
ブログに載せた写真は、少ない写真からなんとか選び出したものです
モニタで写真をチェックしながら、
確か、07年の展示会の時も新作の椅子が出来ていて
同じように写真を撮ったのを思い出し、みてみてびっくり

まず比較のためにロッキングチェアの写真を
P3160379.jpg

そしてハイバック07asiya-isu.jpg
しなやかなライン、高さとアームの長さのバランス、緩急の付け方
これを超えるものはそうそう出来そうにないかも
なんてこと思ってしまった訳です、

そして数日後ロッキングチェアをみて気がついた「これでいい」
CIMG6446.jpg
椅子と同じ高さでみるのは、設計者の視点(設計図はその視点で書きます)
それよりも、普段目にする目線でしっくりくる事が大事。
確かル・ボナーのご主人もこの視点の写真撮っておられた
そんな事も気がつきました

搬入すませてきました、芦屋の桜は5~6分咲きです
明日、展示会初日です
posted by tambarin at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 木工にかかわるあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日は、どうもありがとうございました。4時頃芦屋の2人展をのぞかせていただきました谷口と申します。あのロッキングチェア-は、本当に素敵でした。非の打ちどころがないという感じで本当に作り手の心と木の温もりの感じられる素敵なロッキングチェア−でした。早速頂いたお名刺でホ−ムペ−ジを見せて頂き、ふと、実は私がそのず−と昔20歳のころ、何故かロッキングチェア−が欲しくて仕方がなかったことを思い出しました。
そして、改めて、ホ−ムペ−ジの写真のロッキングチェア−を見ていてきっと製作された方は売りたくはないでしょうね。と、思ってしまいました。見れば見るほどお見事ですね。私には、ア−トに見えました。使うなんてもったいない。でも使用できるなら、とても贅沢。ほんの最近、木の素晴らしさ、木工の素晴らしさを知り、ますます、こんなに木が価値あるものにまるで魂が入ったものになるということにとても、おののき、感動しています。こんな素晴らしいことを皆さんにお知らせしたいと思いました。きっと、私、会う人、人に言って回ると思いますよ。こんなに素敵な出会いに感謝しております。ありがとうございました。決して、あのロッキングチェア−は高くはないと思いますが、私の今の状況では無理ですが、いつか、チャンスがあれば、きっと欲しいと思います。でも、きっと、製作者は、お手元に置いておかれたいのではないでしょうか?ありがとうございました。
Posted by 谷口 由美子 at 2009年04月04日 22:30
谷口様有り難うございます
そう感じて頂け、作ったかいがありました、作品の存在感という物がどういった事なのか、少し見えてきたそんな風に感じてます

今度はこうしてみよう、
こんな木を使ってみたい、又作りたい
と言う思いの方が強いので
作った物を手元に置いておきたいという気持ちは全くありません、

作品は自分の子供みたいな物です、
大切にして頂ける所で幸せに暮らして欲しい、それが一番の願いです
Posted by nam at 2009年04月05日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116649123
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック