2009年03月17日

はじめての

今回チャレンジした事
すべて木で椅子を作る事です
なぜ今まで作ってこなかったかというと
固い木で座り心地のいい椅子をつくるのは難しいと思っているからです
椅子を作り始めた頃はペーパーコードをつかってました
技術は未熟だったけどペーパーコードに助けられ
けっこういい座り心地は得られました
その後、布テープなども使いましたが
座り心地はいいけど、人に訴えかける物がなにか足りない
そんな思いがどんどん強くなっていき悩んでました

この椅子を作ってきづいたのは「木のちから」です、
細い部材よりも肉太な物のほうが存在感がある
それをしっかりとした形を見据えて削りだす事でより強くなる
繊細なだけでは人を揺さぶることができない
そんなことが解りました

ロッキングチェアです
P3160387.jpg

P3160379.jpg

一足先に以前お話しした
http://tanbananba.seesaa.net/article/31027002.html?1237253425
鞄工房ル・ボナーのお二人に座ってみて頂きました
ロッキングチェアの事 紹介して頂いております
ブログ http://www.kabanya.net/weblog/2009/03/post_697.html ご覧になってみて下さい
posted by tambarin at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 木工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115779571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック