2008年12月31日

黄粉引(続き)

工藤さんの器、機能ご紹介したもの所々にひびが入っていて
そう言う所も好きなんです、
そのひびが器全体を覆い尽くしたら、凄いだろうなと思いました

数日前ギャラリー藤に立ち寄った所、そんな器(湯のみ)がありました!!
でも好きな形のものでなく、「どうしよう」と
他の器をみながらちょっと悩んでみた
でも、その地肌をみていると、これを今逃したら次はそうそう出会えない
そんな思いがだんだん大きくなって、買う事に決めてしまっていました
でも、これだけだと「また、同じような物を買って来て!」と言われてしまう、
でお皿も購入しました。
そのお皿は写真取り次第アップします

PC290009.jpg
ゆったりした姿
PC290011.jpg
この雰囲気、存在感、ギャラリーのオーナーさんも
これは「いい!!」と、おっしゃってました
PC290021.jpg
今年はこうした雰囲気の器にも、興味がでてきた、
ちょとした変化です、悩む事が多かったですが、
その中から小さな芽を見つけることもできました
その芽を大きく育てていきたいです。

除夜の鐘も聞こえてきて、
今年もあと数十分になりました、
皆さんよいお年をお迎えください


posted by tambarin at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | いろんな繋がり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。