2008年06月14日

古都へ2

今までしてきた事は鉋やペーバーでつるつる仕上げ木目をきれいにだす、
それがすべてだったと思います、
法隆寺にきて、こんな木の魅力にも気付く事が出来ました
CIMG4453.jpg

CIMG4514.jpg

CIMG4525.jpg

これは樹皮のようになっている
CIMG4526.jpg

何百年、もしかしたら千年以上経ったもあるのかも、
風雨にさらされ少しづつ朽ちていった木がこんな表情を見せる
発見でした
でも、始めは槍鉋や鉋を使ってしっかり仕上げていたのも事実です




posted by tambarin at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック