2017年02月12日

塗装について

塗装についてお話ししておくことがあります、
バターケース、カトラリー、トレーには下地に耐水塗装を施しその上からオイル仕上げをしております
オイル仕上げだけの場合は数回洗うと、表面のオイルが落ちてザラザラした手触りになります、下地に耐水塗装をすることでそういったことを抑えられ、ケアもだいぶ楽になりました

耐水塗料はウレタン系の塗料を使用しております
塗料は食品衛生法の試験に適合したもので、学校給食の器の塗装に使用された例もあり安全なものですが、
化学物質に過敏に反応される方にはお勧めはできません

自然なものをご希望の方、化学物質過敏症の方向けには、カトラリーの表面を小刀で削りオイルを塗って仕上げるやり方になります、
ペーパーで削るのは簡単に言うと木の繊維を引きちぎっているようなものなので徐々に細かいペーパーを使って仕上げていきますが、
拡大してみると表面は荒れて毛羽立っているような状態です、なので水に濡れると染み込みやすいし、
染み込むと繊維が膨れてザラザラになる、
でも刃物削ると表面は滑らかに仕上がり、水も浸み込みにくくザラザラにもなりにくいというわけです、

商品化するとなると、電動工具(サンダー)を使っての効率的な作業でなく手で削っての仕上げとなるので割高になります、
その点ご理解ください、
posted by tambarin at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 木工 木の小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

明けましておめでとうございます 2017

明けましておめでとうございます 本年もよろしくお願いいたします

P4070138.jpg

この写真近くの堤防沿いの桜を撮ったものです
毎冬、河川掃除がありまして、こんな所に桜があったんだと気がつき
次の春、写真を撮ろうと思いながら気付いた時は散ってしまった後と
いうことが何度かありました、立派な桜なんだけど人通りがないのので、
誰も花見に来ない忘れられたような桜です、
それがやっと撮れました、デジカメで撮ったのがこちら
P4070135.jpg

P4070137.jpg
(両手で抱えようにも手が届かないほど幹が太い)
写真では伝わりにくいんですが、花と一緒に葉も生えていて
ソメイヨシノのような華やかさがないなと感じました、
そんなこともあってか、毎年ひっそりと咲く桜です。
posted by tambarin at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

フォトジェニックな赤

IMG_5940.JPG
散歩途中ふと目に止まった赤、おもわず携帯で撮ってしまう、
家の敷地内ならフィルムカメラ持ち出してバシャバシャやりたいところなんだけど、
よそ様の庭先、ご近所の目も気になるのでこれで止めときました、
この葉っぱ指の第一関節ぐらいの大きさ まあ「カワイイ」ってやつでしょうね
posted by tambarin at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

什器納品2

五月半ば納品に行ってまいりました、場所は何かとお世話になっている
ルボナーさん、壁の展示棚です。
こちらの商業スペースは打ちっ放しのコンクリートが特徴の安藤建築で
そこの壁はRを描いた壁面でして、そこを棚で覆ってしまうよりは
壁面を生かして価格を抑えた展示棚ということでこの形になったそうです
初めにあったものは足場板を使った明るい色で鞄のベルトをかけるのに
市販のピンをつけてベルトをかけていました、
でもピンの穴が目立ってきたのと他の什器に合わせた展示棚が欲しいということで注文いただきました、

こんな感じです、
P5170280.jpg

P5170285.jpg

P5170282.jpg
出来ればビフォーアフターでお見せしたかったんだけど、伺った時はすでに撤去されていて撮影できなかったのが残念。こうやって鞄を置いて展示してみるとひときわ目を引く鞄がありますね、

コンフェッティ http://www.kabanya.net/work/hand/h0007.htm ですいかがですか?
P5170287.jpg

posted by tambarin at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

ある休日 の続き

このつつきです、オーダーのしごとも有ってしばらく放置してましたが、
正月休みの間にリフォームやってしまいました
ビフォー、アフターでお見せします
こちらが
PA250331.jpg
こんな具合になりました
P1110018.jpg

リフォームは勉強机を作ろうと考えてました、理由は以前作ったこの机
子供が使ってたけど収納が少ないので片付けが出来ない、
P1110006.jpg
この引出しを購入したけどそれでも収納がたりない
IMG_4309.jpg
一番思ったのが本棚がない、自分が子供の頃はよく有る学習机で本棚が
あって、教科書、マンガなんかはそこに置いて役に立ってました。棚というのは結構つかえた記憶があるので自由に棚を増やせる様にしてます
ここのスペースは棚柱を入れているので机の上の棚と左の収納スペースは棚板を増やせばさらに収納できます、
ほぼデッドスペースが収納プラス勉強机になり部屋も少し広くつかえて大満足です
こちらに続く
posted by tambarin at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

2016 新年


P1050005.jpg
あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い致します
上の写真の物は母が生けた物
実は生けている器私が捨てていたものです、
捨てる神あれば、拾う神ありってやつです

木を割って漆を塗っただけの物こりゃダメだと思って捨てたんですが、
改めてその時の写真見てみるとそんなに悪くない
今でも好きな質感です、又ちょっとやってみたいですね
P4040577.JPG
P4040490.JPG
2009年芦屋の展示会の写真
こちらに続く
posted by tambarin at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

什器納品

先週納品した品です
光が強いなと思いつつ撮影、家具の写真は難しい、アップで一部分を撮ってもピンとこない、狭い空間だと撮る方向がかぎられる、広い空間で色んな距離色んな角度で撮るしかないのかな、、、PC070016.jpg

納品先はル・ボナーさんドアを開けて入るとこんな感じで目に留まります
PC080028.jpg
違う角度から、奥に見える棚は去年納品した展示棚、お二人に気に入って頂き安心して一年を納めることができそうです
お土産に頂いたケーキ美味しく頂きました、ありがとうございます
PC080043.jpg

こちらに続く
posted by tambarin at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

見ている景色

一眼にステップアップするとき思ったのが、自分が見ている景色を撮りたい(視界の一部でなく見えている物すべて)
で一眼を手に入れて標準の50ミリでファインダーを覗いてみる
ファインダーで見る景色と、裸眼の景色は同じに見えるけど
撮った絵は視界の一部でこれではない、
それなら広角レンズだとレンズを手に入れファインダーを覗いてみると
景色は縮小されて見える、これでもないかと思いながらシャッターときり
パソコンで写真をみてこれが自分の見ていた景色なんだと思った記憶があります

12.jpg
(もっと最適な写真があるんですが、プライベートな物になるのでこの写真をアップしておきます)
posted by tambarin at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 撮る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

ある休日

家のとある一角を手直し、暖炉風のスペースです、
PA250331.jpg
ガス管が有るのでガスストーブを置いて使って下さいという事か?
普段は物を置いてあるだけの所なんだけど、スペースに無駄が有って使いずらい!!のでぶち壊す事にしました、始めはちまちまとタイルをタガネではつり、コンクリートを少しずつはつってやってました、
ある程度やって下地や裏がどうなっているのかが分かってきたので、少し大きなハンマーガンガンどついて割りまくる、そしてバールではがしていけばこの通りきれいに撤去できました、
PA250334.jpg
どんな風になっていたかというと撤去した写真に有る木の桟の上に吸湿シートを敷きその上にタイルの下地用の金網?
を敷きタッカーで木の桟に打ち付ける、そしてその上にコンクリートを塗って、タイルを貼付けると言う風になってました、
木の上にコンクリートを塗ってもすぐ剥がれるので金網にコンクリートを食いつかせる。金網と一体になったコンクリートと木をつなぎ止めるのはタッカーの針だけ、針や金網が腐食してしまえば簡単に剥がれてしまうのでそれを予防するのに吸湿シートを使うということでしょう、
実際40年程経っているけど、腐食は全く無しでした。
後は床や壁を張り直して、このスペースを棚をとりつけば、かなり収納できそうです。
posted by tambarin at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

米を使っておりません

バターケース改良しております、見た目には全く変わりがないのでお伝えしておりませんでした。以前は接着材に米を練り上げた物を使っていましたが今は使っておりません、
理由は、バラバラになったケースを修理して欲しいと依頼があったのがきっかけです。長い使用を考えるとご飯の糊では接着力と耐水性にどうしても不安があるのが分かりました、
それと食器などに使える安全な接着剤が手にはいる様になったのも後押ししてくれました、

修理したケースの事紹介して頂いてました
スクリーンショット(2015-10-18 10月18日19.01.53).png
それと液漏れチェックも今年8月頃作ったケースからはじめております、(ケースに水をいれて10分放置)
これも修理依頼があったので、対応いたしました、

ネットショップのレビューは時々チェックしてます、励みになったりもするけど、ぬるい仕事をしたとき
指摘がすぐあるので、怖くも有るけど良い戒めにもなります。
あるとき、ちょっとフタの締まりが固いけど大丈夫だろうと納品すると
一ケ月後にはその事を指摘頂きました、
液漏れの件でもそうです、組上げるとき底板の納まりがキツいと組上げにくいので、底板が入る溝を少し大きくしました、
その後やはりレビューでご指摘がありました、完璧と思っていても何かミスがある、ましてこの位で大丈夫なんて仕事は絶対ダメだというのがよく分かりました。



posted by tambarin at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 木工 木の小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする